結婚について

『マスターはいまの結婚というしくみに、真摯に従うことはできないからだ。一人の人間がほかの誰よりも特別だとは言えないからだよ。』

神との対話にこういう文章がありました。

誰かより特別な人はいないということですね

俗に言う運命の人はいないということだと

思われます。

非常に感銘を受けました。

今の世間のニュースを見ても、不倫やダブル不倫みたいなことがよく取り上げられていますよね。

これは誰もが一人だけをずっと愛し続けるということができていないということです。

しかし、今の世の中、一人だけに絞らないと、社会から批判されますし、結婚できないし、子供を作ることもできません。

愛している人もいつかは飽きてしまうのに

結婚式で永遠の愛を誓うなんて訳がわかりません 。

僕は多夫多妻制を勧めたいと思います。

この制度が実施されれば不倫や浮気問題は解決しますよね。生涯の伴侶を決めるのに心を悩ませる必要もなくなり、少子化にもいいと思います。

子供は働かなくなった祖父母にも協力してもらえば親の負担も減り、自分のしたい仕事ができると思います。

いずれは制度なんてなくしてみんながみんなと結婚している社会になればいいと思います。