神との対話 1 ~現実化~

「でも、どうすれば、あなたに何も望まず、要求もせずにすむようになれますか?」『すでに自分のものだと気づくことによって、あなたは必要なものはすべてもっている。求める前にわたしが応えている。したがって、求める必要はないのだ、と。』

 

オナ禁は1ヶ月で終わりました。

効果としてはあまり感じませんでした。

これからは

前にも言いましたが、神との対話という

本のなかで、印象に残った文章を

僕なりの解釈を加えて紹介していこうと

思います。

 

「」は作者、『』は神です。

 

これはよくある引き寄せの法則

元になる考えですね。

ほしいほしいと思えば思うほど、

そのほしいという現実を引き寄せるのです。

僕も中学時代、ソフトテニスで県大会に出たくて、四六時中、「県大会に行きたい」

と考え、毎日二時間は自主練して案の定、肩を壊して、結局県大会に行けませんでした。

あの時、このことを知っていれば県大会に行っていたのになと思います。

 

あの時、県大会にいくためには、

「県大会に行く」ということを決意すればいいだけだったのです。受験も同じですね。

あの高校、大学に行きたい。ではなくて、

「あの高校、大学に行く」こう決意することによって、望みは現実化します。

僕はこの方法で、少ない努力で第一志望の大学に推薦入試で合格しました。

 

みなさんにもこの方法を使って、

望み、目標を現実化してみるといいとおもいます。

 

普段の口グセも大事です。「~がほしい」

「~がしたい」「~になりたい」という言葉を発さないほうがいいです。

ただ決意するだけです。思考だけではなく言葉にも気を付けましょう。